「仮病鬼十則」

この記事が気に入ったらシェアしよう!

電通という会社には「鬼十則」という素晴らしき社訓があるそうです。

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

立派で向上心のある社会人であれば是非とも自らの行動規範にしたいと感銘を受けるのでしょうが、我々仮病者としては反吐が出る代物です。

仕事をやりたい人はやっていればいい。
ですが我々は仕事なんてしたくないのです。仕事は少なければ少ないほどいいし、やらなければやらないほうが素晴らしい。

そう、我々は「仮病鬼十則」を教訓にこの激しく厳しい社会人人生という大海原を遊々と泳いでいかなければなりません。
間違っても、会社に殺されるくらいなら仮病で休みましょう。
上司から叱責や非難をされるかもしれませんが、そんなのは関係ない。死んでしまうよりはマシだと思いませんか。

以下、当サイト「仮病ドットコム」が規定する「仮病鬼十則」を紹介していきましょう。言ってしまえばパロディですが温かく見守って下さい。
 

仮病鬼十則

1. 仮病は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

欠勤や早退の申し出は自ら進んで行うこと。

わざとらしい体調不良の演技をして上司や同僚に心配してもらおうと画策するのはよろしくありません。それはただの「かまってちゃん」であり、社内において最も面倒な存在となり得るでしょう。
自ら進んで手を上げ「今日は休みます」「今日は帰ります」と言える人間たること。これが一人前の仮病者に求められる初歩である。

いつの時代も企業は「積極性のある人材を求めている」「自ら考え動くことのできる人材が欲しい」と言いますが、それはつまり自ら進んで積極的に「具合が悪いので今日は休みます(仮病だけど)」と申し出ることのできる者のことを指しているのです。

2. 仮病とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。

仮病で休んだらそれで終わりではありません。
我々仮病者は常に次の仮病のことを考えなければなりません。たった一日の休日で満足していては小さな人間(仮病者)になってしまいます。

常に欠勤・早退の機会を伺うこと。
社内に少しでも隙あらば仮病を差し挟んでいくこと。連休が可能であれば狙っていくこと。虎視眈々と早退発動の機会を伺うこと。

3. 大きな仮病を取り組め、小さな仮病はおのれを小さくする。

常に大きな仮病を狙いましょう。

仮病の王道は「風邪」「頭痛」「腹痛」あたりであり新入仮病者はこれらを順番に発動することが努めとなります。
しかし、いつまでも小さな仮病に取り組んでいては向上心がありません。
いつまでも「風邪」「頭痛」「腹痛」をこねくり回していては大きな人間(仮病者)に成長できないのです。

初心仮病者は中級仮病者を目指すべし。それが出世というものだ。
「ぎっくり腰」「インフルエンザ」「ペットが病気」あたりに挑戦しよう。

4. 難しい仮病を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

仮病の基礎学習・実践が終わり、さらなる出世として上級仮病者を目指すために冒険をしましょう。リスクを取りましょう。

「デング熱のため休みます」「肉離れのため休みます」「頭蓋骨陥没のため休みます」
もちろんバレないための創意工夫・周到な戦略は必要になりますが、それを成し遂げた時には大きな達成感と人間的成長があるはずです。

上級仮病者として認定される頃には、あらゆる仮病を自由自在に操ることができるようになっているでしょう。
仮病会では「マスター」と呼ばれています。

5. 殺されるくらいなら仮病で休め。

企業は我々労働者・社会人を平気な顔をして殺しにかかってきます。
稀にホワイトで良質な企業もありますが、殆どは劣悪で私腹を肥やすことしか考えていないブラック企業であると認識しましょう。

そう、常に過労死、過労自殺、うつ病などの災厄があなたを狙っているのです。冗談ではなく。
裸一貫で弱々しく立っている我々が手にしている唯一の武器が「仮病」であり「ズル休み」なのです。

勇気を持って休みましょう。
非難されても叱責されても構わない。
死んでしまうことより最悪な事態はないのです。

6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

仮病最大の醍醐味は上司を、そして社内を撹乱することです。
主導権は常にこちらが握っていると考えましょう。

こちらが休むと言ったら休むのです。会社にはそれを咎める何の権利もありません。
仮病で休んだ暁には、欠勤を伝える電話を切った後で「ばかだなー、本当に具合が悪くて休んだと思ってやがる」と鼻で笑って、有意義な休日を過ごしましょう。

引きずるのは我々仮病者、ひきづられるのは会社側と覚えておき、自信を持って任意に仮病を発動しましょう。

7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

「よく準備された仕事は終わったも同然」という言葉がありますが、それは仮病にも当てはまります。
仮病も準備、計画、戦略が肝要であり、周到に準備された仮病は成功したも同然、後は計画通りに実行するだけです。

無計画にその時の気分と瞬発力で発せられる仮病を否定するわけではありませんが(だって休みたいんだから仕方ないじゃないか)、できれば高度な戦略を持った仮病を知的に発動し、職場を撹乱することが推奨されます。

8. 自信を持て、自信がないから君の仮病には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

仮病で欠勤した翌日、ズル休みがバレていないか心配で自信なさげにおどおどと出社することは、最もやってはいけないことであると肝に命じましょう。
おどおどとしていると逆に怪しいのです。必要以上に堂々と出社しましょう。

罪悪感など全く見せず、逆に「休んでやったぜ」くらいの堂々たる雰囲気で出社できるかどうかに仮病者としての資質が問われています。
仮病中級者への登竜門です。

更に進んで仮病上級者となると三連休(仮病)して出社した際でも自信と迫力と凄味が只事ではなく、全同僚だけでなく上司までもが「だ、大丈夫でしたかッッ…!!!」と本気で心配し、総立ちで迎えてくれるようになります。

仮病の至高「マスター」となると、休んでも誰も気づかず、出社しても誰にも気付かれないにも関わらず給与はきちんと貰えるという奇跡を体験することができるようになります。
是非とも人生の勝ち組「窓際族」とも言うべき仮病マスターを目指したいところです。

9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、バレない仮病とはそのようなものだ。

仮病において最も重要な事は、休みを取得できることではなく「バレない」ことです。
そのためには仕事よりも強い情熱と細心の注意を払って仮病を実行することが肝要です。

仮病がバレないためには細やかな気遣いが必要です。
「静かなところから電話をかけること」「ほんの微細な体調不良な感じの演出」「翌日出社した際に堂々と挨拶・欠勤のフォローをすること」など。
あらゆる可能性とあらゆるリスクを考慮し、随時適切な戦略を立案し実行しましょう。

仕事よりも頭をフル回転させて仮病に挑むこと。それが一人前の仮病者への道です。

10. 命より大切な仕事はない。

某企業において社員の過労自殺が発生した際、その社員の母親が会見で語った言葉です。

我々の生き方は今一度考え直されるべきではないだろうか。
全ての働く人、会社経営者、部下、上司、働いていない人、働く意欲のある人、働きたくない人、定年退職した人、これから社会に出て働く人、学校で勉強している人、生まれたばかりの人――。
我々はこの先の長い人生をどのように生きて行きたいだろう。

命より大切な仕事はない。
生きていることが一番素晴らしいこと。

今、会社や仕事に追い詰められて生きることを諦めかけている人がいるかもしれない。
そんな人には「会社を休む」「サボる」「仮病でズル休みする」という選択肢もきちんと用意されていることを思い出して欲しいのです。

生きる/生きないは個人の自由だけれど、一つだけ言えることは、どんな会社にも人の人生を奪うだけの値打ちは一分もないということです。