正真正銘の神サプリ!コリンを3年間飲んでみた感想。うつ病に効果はある?

この記事が気に入ったらシェアしよう!

ネイチャーウェイ コリン 500mg 100粒入 海外直送品・並行輸入品水溶性物質なので過剰摂取のリスクも極めて少ないものです。

 私はストレスが溜まると普段では考えられないくらい些細なことで怒りが爆発してしまうのが悩みだったのですが、コリンと出会ってからはそのように怒り狂ってしまうことが一度もありません。何が起きても冷静に、客観的に、落ち着いて判断できることをはっきりと実感しています。これはすごいことです。

 そんな正真正銘の神サプリたるコリンについて詳しく見ていきましょう。

 

コリンとは?

 コリンは脳内物質アセチルコリンの原料となるビタミンB様物質(ビタミンBのような働きをする栄養素)です。1998年にはアメリカ医学研究所の食品栄養委員会によって必須栄養素とされたことからもわかるように、私たちの身体にとってなくてはならない極めて重要な栄養素のうちのひとつです。

 脳内物質アセチルコリンの重要な機能は細胞膜の働きを促進することです。細胞膜が柔軟に保たれることによって、細胞を健康に保つと共に情報伝達を正常に行うことができます。それは特に、私たちの意欲や記憶力に大きく貢献することとなります。

 

コリンの効果・効能とは?

記憶力・認知能力の促進

2012年、ノルウェーのホルダラン地方で行われた研究で、コリンの血中濃度の低い人ほど認知力が低いという結果が出た。

「血中コリン濃度が低い人ほど認知力が低い」とノルウェーのホルダラン研究 – 認知症ねっと

 コリンが記憶力増進にもたらす効果は科学的に立証されています。認知症や自律神経失調症予防というだけでなく、普段の生活においても学習能力や判断力の向上が期待できるものであり、私もその効果を実感しています。脳のキャパシティと処理能力が増え、ちょっとのことでは慌てたり焦ったりしなくなりました。

 

やる気・意欲・集中力の増進

 コリンには脳内のドーパミンを増やす働きがあります。ドーパミンは私たちの「やる気」「幸福感」「集中力」に大きく関わるものです。無気力感がある、仕事や勉強が捗らないなどの症状にもコリンは効果を発揮します。

 これらコリンの学習能力向上の効果は著しく、スマートドラッグ(スマドラ。頭の良くなるサプリメントの総称)としても人気の部類に入ります。

 
関連記事:
サプリメントマニアの私がおすすめ!人生を変える最強のスマートドラッグ7選

 

鎮静作用(気持ちを落ち着ける)

 コリンには精神の鎮静作用があり、イライラや興奮状態を沈める働きがあります。冒頭でも紹介しましたが、イライラが治まらなくて困っていた時にコリンに出会って、私はそれ以来一度も怒ることはなくなりました。気持ちを落ち着けて思考をマイルドにする働きを強く実感しています。それ以来私はずっとコリンを愛用しております。

 

肝機能の増進(肝脂肪予防)

 上述の認知能力以外の健康増進効果としては肝機能の増進が一番に挙げられます。つまりは、肝臓に脂肪を付きにくくする作用です。

 その他、細胞膜を柔軟に保つことによる動脈硬化の予防、血圧低下などの効果も確認されています。

 

コリンが多く含まれる食品

 コリンは特に卵黄に多く含まれる栄養素です(100gあたり650mgの含有量!)。認知能力向上のためには1日2個の卵を食べることが推奨されています。その他、コリンが多く含まれる食品はレバー(鶏:100gあたり約300mg)、大豆(生:100gあたり120mg)です。

 卵、レバー、大豆はコリンだけでなく心身を健康に保つための栄養素が豊富に含まれますので、是非とも積極的に食事に取り入れましょう。特に納豆は最強の健康食品です。

 

コリンの一日の推奨摂取量と上限

 サプリメント大国アメリカで定められているコリンの推奨摂取量は、男性550mg、女性400-425mg(妊娠期は450mg、授乳期は550mg)です。
 上限は男女ともに3000-3500mgとなっています。普段の食生活においては過剰摂取の危険性はないと言っていいでしょう。

 コリンは体内でも合成されるので普段の食生活において欠乏症になることはないとされますが、野菜中心の食生活をしている人は特にコリン不足になりがちなのでサプリメントにて補うことが推奨されます。

 

コリンに副作用はある?

 コリンは水溶性なので、過剰に摂取してしまったとしても余剰分は尿として流れてしまいますので危険はありません。ただ、万が一サプリメントなどで一時的に大量を摂取してしまうと胃が荒れてしまうことがあるという報告もあります。

 また、コリンが肉体によって代謝されるときに魚のにおいがする合成物トリメチルアミンが生成されること知られており、体臭が魚臭くなることがあるようです。

 ただ、私が今までコリンをサプリメントにて3年間摂取してきた経験上、胃が荒れたことも魚臭い体臭に見舞われたことも一度もありませんから、過度に心配しなくてもいいように思います。

 

コリンをサプリメントにて摂取してきた感想

 冒頭でも述べた通り、私にとってコリンは神サプリです。ワーキングメモリの増加、集中力の増進、イライラ防止の効果をはっきりと感じることができています。今では手放せないサプリメントのうちの一つです。

 また、私は過去にうつ病を患ってしまったことがあるのですが、コリンの気持ちを落ち着けて冷静な判断を促してくれる効果はうつ状態の再発防止に大いに貢献してくれていると感じています。

 コリンは「勉強や仕事の効率を上げたい人」「集中力や意欲を保てなくて困っている人」「ストレスでイライラしがちな人」に加え「最近気分が沈みがちな人」に自信を持っておすすめできるものです。

 

おすすめのコリンサプリメント

▲定番で一番人気のコリンサプリメントで、私も定期購入しているものです。迷ったらこれを選んでおけば間違いありません。私は週5日毎朝1粒を飲んでいます。

 

▲コリンとイノシトールが250mgずつ含有されているものです。イノシトールもコリンと同様ビタミンB様物質で、コリンと同じような効果を心身にもたらします。効果には個人差があるので、上に挙げたコリンだけ含まれたサプリメントの効果がいまいち感じられない場合はこちらのイノシトール入りのものを試してみましょう。

  *

 ちなみに私にとっての他の神サプリは「ロディオラ・ロゼア」「メラトニン」です。ロディオラ・ロゼアは沈みがちな気分を和らげるハーブであり、メラトニンは寝付きがすこぶる悪い私にとって速やかな入眠を促してくれるホルモンです。いずれも私の生活にとって欠かせないサプリメントになっております。

 
関連記事:

【抗うつ神サプリ】ロディオラ・ロゼアを1年間飲んでみた感想・効果

【不眠改善・神サプリ】メラトニンを半年間摂取してみた効果・感想

サプリメントマニアの私がおすすめ!人生を変える最強のスマートドラッグ7選