【節約・スマホ】月額1,250円!楽天モバイルベーシックプランを3年間使ってみた感想

この記事が気に入ったらシェアしよう!

 かつて月々約8,000円も支払っていた私のスマホ料金は、楽天モバイル・ベーシックプランにNMPで移行することによって月々の基本料が1,250円(税別)と奇跡のように安くなりました。

 通話料を含めたとしても私の月々の支払いは1,500円程度。なんと月々6,500円の節約です。年間で78,000円の節約。すごい。理論上の数字ではなく、実際にこれだけの金額を節約できているところがすごい。

 スマートフォンの登場は生活を非常に便利に一変させましたが、反面、データ通信量の増大に伴って携帯電話料金も割高になってしまいました。スマホ料金は家計を逼迫する大きな要素の一つに仲間入りしたのでした。そこにLTE高速通信の導入が追い打ちをかけ、割高な料金であるにも関わらずデータ通信量に制限が加えられることとなってしまった。かつては安くて使い放題だったモバイル通信は、速い代わりに高くて少ししか使えなくなってしまったのです。

 私は楽天モバイル・ベーシックプランに早々と乗り換えることで「高くて少ししか使えなくなってしまった」理不尽な出費に終止符を打ったのでした。何と言っても月々1,250円です。安いからにはそれなりの障壁はありますが、私は大変に気に入っています。使い続けて良かったと思うし、これからも使い続けようと思うのです。

 そんな私イチオシの楽天モバイル・ベーシックプランの魅力をお伝えしようというのが本稿の論旨です。

 
楽天モバイルで料金プランを見てみる:
楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

 

楽天モバイル・ベーシックプラン3つの特徴

1. 通話ができて月々1,250円

 docomo、au、softbankの三大キャリアと契約していると基本料金が割高な上に、通話料やパケット通信の追加購入などを加算するとスマホ料金が月に10,000円を超えてしまうことも珍しくありません。

 それに対して、楽天モバイルは格安SIMと呼ばれているものであり、最大の特徴は料金の安さです。私が使っているベーシックプランは月々1,250円です。現在スマホ料金で月に10,000円以上の請求が来てしまっている人であれば、楽天モバイルに乗り換えることでスマホ料金を1/10にすることができるかもしれません。現に私はdocomoと契約していて月々8,000円だったところを、楽天モバイルに乗り換えることで月々1,250円にすることができたのです。だいたい1/6になったという計算です。

 

2. 但し、データ通信速度は常に低速200kbps

 月々1,250円の楽天モバイル・ベーシックプランですが、なぜそんなに安いのか。

 一つには、楽天モバイルを始めとする格安SIM業者は大手通信業者の回線を借りて運営されているから、という理由があります。楽天モバイルはdocomo回線にて運営されています。格安SIMを販売する業者は自らインフラに投資しなくても運営できるので、その分料金を割安に設定することができるのです。

 もう一つは、楽天モバイル・ベーシックプランはモバイル通信が常に200kbpsという低速通信に制限されるために月々1,250円という価格を実現できていることが挙げられます。200kbpsと聞いても今ひとつピンと来ないかもしれませんが、だいたい下記のような感じです。

・LINE → できる
・ウェブ閲覧 → できる(ちょっと遅い)
・LINE通話 → できる(調子が悪いときもある)
・ポケモンGO → できる
・インスタグラムへの投稿 → できる(ちょっと遅い)
・音楽のストリーミング再生 → できるけど快適ではない
・YouTube視聴 → できない

 動画の視聴は不可能ですが、それ以外のことはなんとかできます。画像がたくさんあるウェブページを開くのにもやや時間がかかりますが、見れないことはありません。気長に待つようにしています。

 スマホを頻繁に使う人やせっかちな人には200kbpsの低速通信は向いていないかもしれませんが、あまり使わない人やのんびりでも大丈夫な人ならおすすめできます。

 
関連記事:
【通信制限】スマホ通信速度128kbps、200kbps、250kbpsでできること、できないことを徹底解説

 

3. データ通信量制限なし

 上記の通り「通信速度」には大きな制限がありますが、モバイル通信量には制限はありません。月々の定額料金で使い放題です。とはいえ、通信速度が遅いので使おうと思ってもそんなにたくさんは使えないのですが、遅いとは言え常に同じ速度で使い続けられるのは大きな安心であると思います。

 例えば、5ギガ分の高速通信を使い終わったら低速通信に切り替わるというプランがありますが、楽天モバイル・ベーシックプランはずっとその低速通信のままということです。いつ終わるかわからない高速通信をビクビクしながら使うよりは、ずっと低速のまま使うほうが私にとっては好ましいのです。

 
楽天モバイルで料金プランを見てみる:
楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

 

楽天モバイル・ベーシックプラン実際に使ってみての感想

きっかけは無職になったこと

 勤めていた会社を辞めたことで節約を志向しようとしていたのでした。最初に目をつけたのが高すぎるスマホ料金です。「通話は殆どしない」「自宅には光回線によるwifiがあるのでモバイル通信は使わない」「あまり出かけない」という生活をしていたにも関わらず毎月8,000円もかかっていたのです。殆ど使っていないものに8,000円も払っていられるか。

 ちょうどその頃、格安SIMが話題になりつつあったのでした。まだまだ一般には浸透していませんでしたが、耳の早い雑誌では特集が組まれていました。「格安SIMで通話料が安くなる」と。私は「これだ!」と思い、早速乗り換えたのでした。

 

安いけど遅い。それがちょうどいい

 以来、私は格安SIMと呼ばれるものの中でも最も安い低速通信プランを使い続けています。最初に契約した格安SIMがb-mobileで、それよりも安い楽天モバイル・ベーシックプランがサービス開始をしてからはそちらに乗り換えたので、格安SIM低速通信歴は通算5年程になります。

 低速通信は確かに遅いです。サイトを開くのにやや時間がかかります。とは言え、待てばいいのです。高速通信で1秒で開くウェブページが、低速通信では10秒かかるというイメージでしょうか。確かに遅い。でも、たった10秒なのです。せっかちな私ですが10秒待たなければならない代わりに月々1,250円でスマホを使えると思えば安いものであると私は考えています。

 楽天モバイル・ベーシックプランでは外出先でYouTubeを観ることもできません。だけど、外出先で本当にYouTubeを見なければならないことなんてあまりないことに気づきます。私は、出かけた時にはスマホで簡単なニュースチェックをする他は、本を読むようになりました。スマホが使えないなら本を読めばいいじゃない。

 

スマホ料金のストレスから解放された ―39万円の節約!

 「ケータイ代、毎月いくらかかってる?」と聞かれて「1,300円くらいだよ」と答えると、大体の人はひっくり返るほど驚きます。実際、少し通話をしたとしても月々1,500円程度です。

 楽天モバイル・ベーシックプランでスマホを運用することで「回線速度が遅い」というデメリットはありますが、それを問題としなければ大変なる節約となります。少なくとも私はスマホ料金で悩むことは一切なくなりました。だって、これ以上安くすることはできないからです。

 私はスマホ料金をこの5年間で390,000円(!)も節約したことになります。今、自分で計算してみて驚きました。

 
楽天モバイルで料金プランを見てみる:
楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

 

楽天モバイルはこんな人におすすめ

・とにかく安くスマホを運用したい人

・普段スマホをあまり使わないのに料金が高くて悩んでいる人

・ウェブの表示がちょっとくらい遅くても気にならない人

・自宅に光回線が開通していて、家にいることが多い人

・格安SIMに少しでも興味のある人

 また、楽天モバイルの通話プランにはオプションで5分間かけ放題を付けることができます。一回の通話につき5分以内であれば通話料が無料になるのです。格安SIMのうちでも楽天モバイルが選ばれる大きな理由のうちの一つとなっております。

楽天モバイルで料金プランを見てみる:
楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

 
関連記事:
【通信制限】スマホ通信速度128kbps、200kbps、250kbpsでできること、できないことを徹底解説