N-アセチルチロシンのうつやストレスへの高い効果を詳しく解説

この記事が気に入ったらシェアしよう!

 N-アセチルチロシン(以下「アセチルチロシン」)はやる気や意欲を高めるための即効性のあるサプリメントとして評価の高いものです。特にその即効性には目をみはるものがあり、アセチルチロシンの最大の特徴であると言えるでしょう。「10分で意欲が湧いてくる」という意見もよく聞かれます。

 アセチルチロシンは「チロシンをアセチル化したもの」であり、「アセチル化」とは「体内に吸収されやすくした」ということです。チロシンにおいても「やる気の出るサプリメント」として広く知られているものですが、アセチルチロシンはそれ以上の効率的な効果が期待されるとうわけです。

 下記、N-アセチルチロシンの効果や副作用について詳しく解説していきましょう。

 

アセチルチロシンとは?

 アセチルチロシンは「チロシンがアセチル化」したものです。「アセチル化」についてはある程度の化学の知識を要する概念なのですが、サプリメントに即して言えばアセチル化することにより「吸収性・安定性が向上したもの」と捉える程度で充分でしょう。アセチル化したものは希少性が高いので「ただのチロシン」よりもサプリメントの価格はやや高めになりますが、機能性も向上されているというわけです。

 
 チロシンには即効性があるということで何やら危険であるとか怪しい物質であるという心配は無用です。チロシンはむしろ身近にありふれたアミノ酸です。

・たけのこ水煮に見られる白いものはチロシンが結晶化したもの

・納豆の発酵が進むと見られる白い結晶もチロシンである

・りんごを切って置いておくと黒くなるのは、チロシンが空気に触れたことでメラニン色素が生成されたもの

 
 チロシンのサプリメントとしての利用は広くされ「ストレス条件下の気分や認識作用の改善がみられた(チロシン|wikipedia)」とのエビデンスがある他、アメリカではアセチルチロシンはADHD治療に一般的に用いられているという実績があります。

 

アセチルチロシンの効果とは?

1. やる気・意欲が出る

 アセチルチロシンの効果として最も広く知られ実用性のあるものとして「やる気が出る」「活動的になる」というものが挙げられます。これはチロシンが脳内に作用して「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」の分泌を促すからです。ノルアドレナリン、ドーパミンはチロシンを原料とするものであり、私たちの意欲に直結する脳内物質です。

 例えば、私たちがYouTubeで一つの動画を楽しんだ後についつい提示された関連動画を見るという「やる気」が出るのは、今鑑賞したその興味深い動画によってドーパミンが分泌され「もっと面白い動画を探そう」という意欲が掻き立てられたからです。

 また、アセチルチロシンの特徴として即効性が挙げられます。個人差はあるものの「摂取後すぐにはっきりとした効果が現れる」「じっとしていられず片付けをテキパキこなした」「ずっと放っておいた仕事を片付けることができた」などポジティブな効果がよく聞かれるものです。

 

2. うつ症状の改善

 ノルアドレナリン分泌の停滞はうつ病の一因であることが分かっています。抗うつ薬SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)は脳内のセロトニンとノルアドレナリンの濃度を一定に保つ作用によってうつ病の克服を画策するものです。「再取り込み阻害」とは「減少させない」という意味です。

 ノルアドレナリンの原材料はチロシンですから、チロシンの摂取は「ノルアドレナリンを増やす」という上述の抗うつ薬SNRIとは違ったアプローチによってうつ症状の改善を促進し得るものとなります。

 

3. ストレス対策

 脳内ではストレスを感じるとアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンを大量に分泌してそのストレスに対抗しようと試みます。ストレスが長期に渡る場合、チロシンを大量に消費して上述の脳内物質が継続して放出され続けます。

 それはすなわち、充分量のチロシンが補給され続けなければストレスに対抗し得る手段を失ってしまうことを意味します。ストレスに負けてしまうことはうつ病などの精神疾患に繋がることです。「やる気が出ない」という症状は脳が健全に機能していないことによるうつ状態の一歩手前であると考えることもできます。

 ストレスに対抗し得る栄養素としては亜鉛マグネシウムなどのミネラルも極めて肝要ですが、日々ストレスに苛まれているという自覚のある人は特にチロシンをサプリメントによって補給してみることも一つの解決策としては有用なものです。

 

4. 学習能力・記憶力の向上

 チロシンを原料とするノルアドレナリンなどの脳内化学物質には記憶力を正常に機能させる働きもあります。長期記憶が形成される際にノルアドレナリンが必要となるからです。

 これはすなわち、学習のための「頭の良くなるサプリ」と呼ばれるスマートドラッグとしてもチロシンが有用であることを示すだけでなく、ストレスによる「物忘れ」や「認知能力の改善」にも一役買うことにもなります。

 

アセチルチロシンを多く含む食品は?

 チロシンはチーズから発見されたという経緯があります。すなわち、チーズに多く含まれるものです。他には鶏肉、かつお節、高野豆腐、大豆にも多く含まれます。

 しかし、「やる気を出す」効果を期待してチロシンを摂取したい場合、普段の食事から必要量を摂ることは非現実的であるのが実情です。チーズや鶏肉ばかりを食べていたら栄養が偏るばかりか、肥満の心配もあります。かつお節や高野豆腐を大量に食べるのも理に適ったものとは言えないでしょう。

 チロシンは体内でも合成できる「非必須アミノ酸」に分類されるものですが、上述の通り、ストレスなどによって消費され得るものですのでチロシンを摂りたい場合にはサプリメントを用いるのが一般的であり、最も合理的な手段です。

 

アセチルチロシンに副作用はある?

 チロシンは体内でも合成されるごくありふれたアミノ酸ですので目立った副作用はありませんが、下記の如き注意が必要です。

怒りっぽくなる場合がある

 チロシンの摂取によってアドレナリンが分泌された結果、やる気が出ると共に怒りっぽくなる・イライラしやすくなるという症状が散見されます。アドレナリンはかつての人間が自然とともに過ごしていた頃、危険な野生動物と対峙した際に「闘うか逃げるか(fight or flight)」を一瞬にして決断するために身体を興奮状態をもたらす神経伝達物質です。

 普段からイライラしやすい人はその傾向が増幅されてしまう可能性があるので、ごく少量の摂取から初めてみるか、興奮状態を鎮めるサプリメントであるロディオラ・ロゼアコリンと共に服用することが推奨されます。

 

大量摂取はシミ・そばかすの原因になり得る

 りんごの切り口が黒くなるのはチロシンがメラニン色素に変化したものであると前述したように、メラニン色素の原料はチロシンです。すなわち、チロシンの過剰摂取はシミやそばかすの原因になり得ます。

 

高血圧の人は注意が必要

 アドレナリンやノルアドレナリンには血圧を高める作用があるので、高血圧の人は服用には注意が必要です。

 

耐性がつきやすいとされる

 チロシンはサプリメントの中でも「耐性がつきやすい」という意見が多く寄せられるものでもあります。おおよそ「3日目には効果があまり感じられなくなる」ことが散見されます。しばらく摂取しなければ耐性は解除されます。

 従って、やる気を出す・意欲を高めるという効果を期待して摂取する場合にはここぞという時にのみ服用するのが良いでしょう。逆に、日々のストレス対策として服用する場合には耐性を最小限に留めるために少量を継続するのが良いです。

 

甲状腺機能亢進症の原因になり得る

 チロシンの過剰摂取は甲状腺ホルモンを過剰分泌してしまう甲状腺機能亢進症という病気の原因になる可能性があります。甲状腺機能亢進症を原因とするものの中にバセドウ病があります。

 

アセチルチロシンの適切な摂取基準量は?

 厳密な基準はないのですが、350mg〜1500mgの範囲で摂取することが望ましいとされます。サプリメント明示されている用法用量に従うのが良いでしょう。

 効果には個人差があり、私の場合、一回につきサプリメント1錠で充分な効果が現れるようです(2錠飲んだら頭が重くなる感じがした)。但し、中には一度に2錠摂取しているという人もいます。少量から始めてみて適切な量を見極めて行くのが良いでしょう。

 

アセチルチロシンの効果的な飲み方

 アセチルチロシンの効果を最大限発揮するためには空腹時に服用するのが良いです。他のアミノ酸との競合を防ぐためです。

 また、効率的な吸収を促すために「ビタミンB6」「ビタミンC」「糖分」と共に摂取することが推奨されます。これら全てを含むバナナか野菜ジュースが効果的です。

 やる気を高める効果をさらに引き出すために、砂糖入りコーヒーで流し込むという人もいます。

 

アセチルチロシンのおすすめサプリメント

 アセチルチロシンのサプリメントはさほど種類が多くありません。その中でも私は最も廉価で評価の高い下記ジャロウフォーミュラズ(Jarrow Formulas)製のアセチルチロシンサプリメントを摂取しています。

 1錠で350mgと私にとっては丁度よい分量であり、効果も実感できています。どうしても片付けなければならない仕事がある時や何だかやる気が出ないという時に服用しています。上述のロディオラ・ロゼアとコリンと共に摂取しているのでイライラすることもなく、毎度きちんと意欲が掻き立てられるのでアセチルチロシンは私にとって大変に重宝しているサプリメントの一つです。

 
関連記事:

【抗うつ神サプリ】ロディオラ・ロゼアを1年間飲んでみた感想・効果

正真正銘の神サプリ!コリンを3年間飲んでみた感想。うつ病に効果はある?

【実証済】強烈なストレスが溜まり続けている時に試したい神サプリメント5選

【実証済】無気力を改善したい人のための神サプリメント5選

チロシンをうつ病・無気力状態の改善に飲んでみた感想。即効性あり!