【仮想通貨入門】2018年話題のPoSマイニングとは何か?そのメリットとリスクをわかりやすく解説

この記事が気に入ったらシェアしよう!

 2018年、最も熱い錬金術・不労所得は仮想通貨のPoSマイニングです。自宅にある低スペックのパソコンをつけておくだけで仮想通貨による報酬が手に入ります。あなたのやることはたったの1つ。

1. パソコンをつけておく
2. おわり

 たったのそれだけ。厳密には、マイニングしたいコインを購入する、パソコンにウォレットをインストールする、ウォレットにそのコインを送金するなどの作業が必要になりますが、一度設定してしまえば後は寝ているだけで勝手に報酬が手に入ります。凄い時代になったものです。

 え、それって怪しくないの? 寝ているだけでお金が手に入るなんて嘘じゃないの? 騙そうとしている?

 当然の疑問です。さあ、怪しいかどうか、下記で詳述していきましょう。決めるのはあなたです。

 
 ちなみに、おすすめのPoSコインについては「究極の不労所得。PoSマイニングのために買ったおすすめコイン5種類を紹介」をご覧ください。

 

マイニングって何? ―ブロックチェーンと分散型台帳

 ビットコインをはじめとする仮想通貨はブロックチェーンという新しい技術によって稼働しています。ブロックチェーンは「分散型台帳」とも呼ばれます。

 例えば銀行は中央集権型台帳によって送金履歴を管理しています。○○銀行であれば○○銀行のシステム内だけでそれが管理されているということです。

 
 しかし、仮想通貨における「分散型台帳」は、その台帳を皆で確認し合って管理しましょうという技術です。「AさんからBさんに1BTC送りました」という情報がインターネット上の不特定多数で自動的に管理されることによって「送金スピード」「送金手数料」「信頼(改ざんされにくい)」などにメリットがもたらされるというわけです。

 で、その「台帳を管理するインターネット上の不特定多数」というのが仮想通貨のマイニングをしている人(マイナー)です。ブロックチェーンを動かすためにはコンピュータによる計算が必要です。その計算能力を○○コインのために供給しているとすれば、その報酬として○○コインを貰うことができる。これがマイニングです。

 

「PoWマイニング」と「PoSマイニング」って何?

 中国ではビットコインのマイニングをするための巨大な工場みたいなものがたくさんある、と聞いたことがあるでしょう。ビットコインのマイニングには既に一国を凌駕する電力消費がつぎ込まれている、とも。これはビットコインが「PoW(Ploof-of-Work)」というマイニング方式を採用しているからです。「PoW」とは、一言で言えば電力を使えば使うほどたくさん発掘できるということです。

 仮想通貨がメジャーなものになる前まではそれで良かったのですが、バブルを経た現在、マイナーたちによる膨大なる電力消費競争や電気料金が安い国にマイナーが偏ってしまうことが問題視されるようになってきました。

 
 その問題を解決するのが「PoS(Ploof-of-Stake)」方式でのマイニングです。「PoSマイニング」は、膨大な電力消費を必要としません。自宅の低スペックのノートパソコンでも始めることができます。消費電力(Work)によってマイニング報酬が決定されるのではなく「そのコインをどれだけ所有しているか(Stake)」によって報酬額が変わるところが特徴です。

 例えれば、株のようなものでしょうか。その会社の株を持っていれば配当を受け取ることができ、株主優待の恩恵にも与ることができる。そしてそれは、多くの株券を持っている人ほど優遇される仕組みです。

 PoSマイニングを始めるなら、PoS方式を採用している通貨を購入することが最低条件です。

 

2018年はPoSマイニングの時代! ―誰でもマイニングで報酬を貰える

 ビットコインに次ぐ時価総額であるイーサリアムという通貨はPoWからPoSへとマイニング報酬システムを変更する方針であると発表しています。そう、これからはPoSマイニングの時代です。マイニングのために工場を建てる必要ないし、高スペックのゲーミングPCやGPUを揃える必要もない(もちろん、全てのコインがPoS方式に移行するわけではないので全く無意味というわけではありません。今自宅にある普通のパソコンでも充分にマイニングに参加できますよ、という意味です)。

 そして何より、PoSマイニングは「そのコインをどれだけ多く持っているか」によって報酬額が変わる。つまり、ここで草コインの出番であると言うわけです。

 非常に安価な仮想通貨をまとめて草コインと名付けているわけですが、数万円で1億枚を所有できるコインも存在します。今、イーサリアムを1億枚購入することは不可能ですが、草コインならそれが可能。年利1000%のPoSコインで寝ながらにして増やすこともできるし、何かのきっかけで何百倍にも暴騰する可能性もある。夢がある。

 但し、注意点もあります。

 

PoSマイニングの注意点3つ

1. 所詮は草コイン。価値がゼロになるリスクが高い

 イーサリアムは既にインターネット上のインフラとして稼働しているのでたちまちに価値がゼロになってしまう可能性は低いと見込まれます。言うなれば、すぐには枯れない大きな木です。しかし、風が吹けば飛ばされてしまいそうな信頼度の草コインたちには投機マネーが集中し暴騰する可能性もあるけれど、信じられないくらいに暴落する可能性もあります。踏みつけられれば萎れてしまう雑草です。

 特に、バブルを経た2018年以降は明確なビジョンや実用性のないコインは淘汰されていく運命にあるでしょう。もしも買うなら剰余資金の中の数%程度にとどめておくことが要請されます。草コインに全財産を投入してしまうとメンタルが持ちません。趣味程度に長い目で見ましょう。

2. 保有枚数の下限が設定されているコインもある

 PoS方式が採用されているコインであるからと言って、全ての人がマイニングに参加できるとも限らないという注意点もあります。具体的には、マイニングをするための最低保有枚数が設定されているコインもあるということです。例えば1000万枚以上保有している人だけがマイニングできますよ、というように。

 もちろん逆に、マイニングのために所有数を問わないコインもあります。Condensate(RAIN)というコインがその代表です。

 RAINは草コインの中でも価格の安定性に優れており、上述の通り、少しでも所有していればマイニングに参加可能、毎日報酬が貰える、年利180%(変動の可能性あり)と、PoSマイニング初心者に最もおすすめできるコインです。CoinExchangeで購入可能です。はい、私も買いました。

3. 大量流通によるインフレの懸念

「貧しい人が困っているならなら政府がたくさんお金を発行すればいいじゃないか」という意見を稀に耳にしますが、少し考えればわかる通り、見当違いな意見です。

 たくさん流通するものは価値が下がります。キャベツが豊作の時期は価格が下がり、不作の時期には価格が上がるのと同じです。第一次世界大戦後のドイツは賠償金を支払うために膨大な量のお金を発行したがために、恐るべきハイパーインフレに陥りました。インフレとはお金の価値が下がることです。

 
 で、仮想通貨の話に戻りますが、PoSマイニング通貨の中には驚くべきことに年利1000%のものも存在します。1,000を持っていれば1年後には1,000,000になっている計算です。これは嘘ではありません。そのコインがそもそもそういう仕様になっているからです。

 だけど、恐るべきはインフレです。数が1000倍に増えるということは、理論上、単純計算で価値は1/1000になることを意味します。つまりは、価値の低下やそれに伴う暴落のリスクが非常に強いと考えることもできるのです。

 
 ただ、今のところPoSによる大量流通が原因で価値が暴落したコインは寡聞です。この先、価値を維持したままでいられるのか、発行のペースに合わせて価値を下げていくのか、はたまた暴落してしまうのかは誰にもわかりません。

 

PoSマイニングで採算はとれるのか?

 最も気になるところがPoSマイニングは採算がとれるのか、儲かるのかというところでしょう。一つ言えることは、PoSマイニングは報酬が電力消費に依存されないので一般の人でも採算は取りやすいということです。

 
 PoWマイニングを普段使いのPCで行うことも可能ですが、赤字は必須。マイニングに最適化されたPCではないので効率が悪いため、報酬は貰えるけれど電気料金の方が多くかかってしまうのが現状です(今は赤字でも将来の値上がりに期待してマイニングをしている人もいる)。なので、私のような一般人が参入するならPoSマイニングがおすすめです。

 PoSマイニングはボッタクリではありません。コインがそのようにプログラミングされている以上「永久に年利1000%」を謳うコインからは、本当にずっと年利1000%分を自動的に報酬として受け取ることができるでしょう。

 
 注意すべき点はコインの相場の方です。価格は常に変動します。思わぬところで暴落する可能性もあるし、インフレのリスクもある。そのコインがどの取引所でも上場廃止になってしまったら持っていても換金できない事態に陥る可能性もある。

 そう考えると、PoSマイニングは非常に魅力的な錬金術・不労所得ですが、収入を依存してしまうのは危険です。なくしてもいいお金で趣味程度に楽しむのがいいのではないかと思います。

 

そして、PoSマイニングはじめました

 PoSマイニングは儲かるのか。そう、それは誰にもわからない。だったら自分で確かめてみようじゃないか。

 というわけで、私は実際に草コインの宝庫であるCoinExchangeで実際に厳選された数種類の草コインを買い、PoSマイニングを始めているのでした。

 せっかくなら新しい高スペックPCでやろうと思ってゲーミングPCも買いました。これならPoWマイニングもできます。私はゲームも趣味で、前から欲しかったALIENWAREをこの機会に購入したのでした。

 おもしろそうなことはとりあえずやってみるに限る。どうなるかとても楽しみです。

 
関連記事:

究極の不労所得。PoSマイニングのために買ったおすすめコイン5種類を紹介

 

PoSコインを買うために、まずは国内取引所に口座を開きましょう

 PoSマイニング用の草コイン自体は海外の取引所(CoinExchange)で購入することとなりますが、そのCoinExchangeにビットコイン(ライトコインでも可。むしろ、ビットコインは手数料が高騰している)を送金するために国内の取引所に口座を開設しなければ始まりません。まだの人はこれを期に口座を作ってしまいましょう。

 私がおすすめする国内取引所は下記2つです。

bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 bitFlyerは日本発の世界最大の仮想通貨取引所です。金融庁の仮想通貨交換業者に認定されているため、安心して取引ができます。

 取扱通貨は下記に挙げるcoincheckと比べると少ないですが、ビットコイン、イーサリアムなどの主要な通貨は抑えており、何よりモナコインを取り扱っているのは魅力的です。2017年のモナコインバブルはbitFlyerへの上場が発端になっています。

 私はPoSマイニング用の草コインを買うためにbitFlyerでビットコインを購入し、海外のCoinExchangeへと送金しました。

 
公式サイトを見てみる:bitFlyer:ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

Coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 出川哲朗氏のCMが強烈なインパクトを残したCoincheckです。国内取引所においては取り扱い通貨が最多であるのが唯一無二の魅力です。

 特に先物市場上場によってビットコインバブルが終わりを迎えた今、アルトコインや草コインが脚光を浴びています。Coincheckでは2018年に躍進が期待されているアルトコインの最有力候補ネム、リップルを購入できますので、仮想通貨への投資においては欠かすことのできない取引所と言えるでしょう。選択肢が多いのは良いことです。

 
公式サイトを見てみる:coincheck:簡単安心!ビットコイン取引所

 
※私はbitFlyerCoincheckの両方口座を開設し、適宜使い分けています。来るべきチャンスを逃さないためにも是非とも双方に口座を開いておくべきです。

 

CoinExchengeにアカウントを作りましょう

 草コインはCoinExchangeにて購入しました。海外の取引所であり、取り扱い通貨が驚異的に多いものの、当然ながら全て英語なので少々厄介です。厄介なことは早く済ませてしまうに限る。アカウントだけでもこの機会に作成してしまいましょう。1分で終わります。

 
公式サイトを見てみる:CoinExchange:XPコインを購入できる取引所