「ノー」と言うための考え方。「相手は軽く聞いてきているだけ」と考えると何事も断りやすい

この記事が気に入ったらシェアしよう!

 やりたくない仕事・気の進まない仕事は固く断ろう、と私が声高に叫びたいのは、私自身が断るのが苦手だからに他ならない。
 頼まれたら上手く断れずに、「はい、わかりました」だの「おー、わかったー」だの言ってしまう。
 で、後になって「何であんなに乗り気で受け入れてしまったのだろうか」と激しく後悔しながら、自分にイライラしたりする。

 仕事のことだけではない。プライベートもそう。
 明日遊ぼうよーとか、飲みに行きましょうとか、お願いがあるんだけどとかに対して、あまり気が進まないにも関わらず、「うん、いいよー」と二つ返事してしまう。
 で、やっぱり後になって、「あー出掛けるのめんどくさ」とか思ってしまうのだった。

 

仕事を増やすな、定時に帰ろう

 もちろん、私は自分からあまりアクションを起こさないので、誘ってくれるのは大変にありがたい。気が進まないにも関わらず出掛けた結果、意外と楽しかったということもある。
 だけど、本当に気乗りのしない事象に関しては、断固として「うん、いいよー」とは言わず、断ってしまってもいいのではないか。

 プライベートはまだいい。問題は仕事である。
 一つの組織において、生産性のない仕事が増えるのは悪である。しかしながら、大体の場合、増える仕事は生産性のないどうでもいいようなものである。
 第一、仕事が増えたら定時に帰れないし、集中力は分散されるし、期限が近づくことで焦るし、といいことなど一つもない。

 我々は定時に帰るために仕事をしているのだ。
 決して、増えた仕事を処理するために仕事をしているわけではない。

 従って、我々には「ノー」が必要である。
 やりたくもないし気も進まないにも関わらず、ついつい「わかりました」と受け入れてしまっていた仕事に対して、毅然とした態度で「ノー」を突きつけることである。

 

最も効果的な断り方は「ノー」とだけ言うこと、だが

 ところで、何らかの依頼を断るのに最も最善なのは、ただ「ノー」とだけ答えることであると大方の見解は一致している。
 すなわち、「できません」「やりません」「やりたくありません」「無理です」「うまくいくとは思いません」とだけ相手に告げることである。

 弁解はしない。
 ただ「できない・やりたくない」という意思だけを表明して、あとは口を閉ざす。
 それが最も効果的な断り方なので、覚えておこう。

 だけれど、我々はその「ノー」がなぜか言えない。私もそう。
 何か頼まれると、全くやりたくないのに、「あー、はいわかりました(仕事増やすなぶっとばすぞ)」となぜか快諾してしまう。

 従って、まずはなぜ我々が「ノー」と言えないのか、なぜ断ることができないのか、その心理を知る必要がある。

 

「訊いてみるタイプ」と「探ってみるタイプ」

 ライターのアンドレア・ドンデリによれば、文化には2種類あって、人はいずれかの慣習の中で育ち、価値観が形成されるのだという。
 すなわち、「訊いてみるタイプ」と「探ってみるタイプ」である。
 どちらが正解ということはなく、単なる文化の違いである。

 

「探ってみるタイプ」の文化

 典型的な日本人タイプ。
 相手から「イエス」の返事をもらえることが確実になるまで、自分の要求を具体的に言葉にしない。
 それが「探ってみるタイプ」である。

 つまりは、相手に何か頼みたいことがあるときは、相手がどのように考えているか、受け入れてくれるかどうかを熟慮し、ジャブ的に探りを入れたりして、どうやら「イエス」と言ってくれそうだと確信を得たときだけ、実際に言葉にして頼む。

 これは文化の問題であるので、頼まれる側は、頼む側のその心理を理解している。
 従って、何かを頼まれた際には、「イエス」と答えることが期待されていると察して、プレッシャーになってしまい、なかなか「ノー」と言いづらい。

 ノーと言えない日本人、などと言われるが、背景にはこういった文化的背景があるのである。

 

「訊いてみるタイプ」の文化

 それに対して、欧米やロシアなどは文化が異なる。
 彼らは、自分の要求が何であれ、とにかく相手に直接訊いてみる。それが礼儀に反するとは思わない。駄目なら駄目でいいし、断られても構わない。
 それが「訊いてみるタイプ」。

 断る方も、相手が「イエス」を求めているわけではなく、深く考えずにただ訊いているだけだと理解しているので、断りづらいこともなく、プレッシャーにもなりづらい。

 外国の映画やドラマを観ていると、思ったことはすぐに口に出していて、「随分ざっくばらんな人たちだな」という印象をよく受けるのだが、それは彼らが「訊いてみるタイプ」の文化であるということに起因する。

 

必ずしも「イエス」と言わなくていい考え方

 つまり、何かを頼まれたら、相手が「訊いてみるタイプ」の人間なのだと考えると、断りやすくなる。

 もしもあなたが誰かから急に「明日から2週間家に泊めてくれないか」と言われたとする。
 あなたは、あるいは私は、「(いきなり何てぶしつけなことを言い出したんだ。無理に決まってんじゃん)」とかやや憤りつつも、可能かどうかをちょっとは考えてみて、やはり無理だと判断すれば、「イエス」の答えを出せないことに心苦しく思いながら断ることになる。
 それは、我々日本人が「探ってみるタイプ」の文化で育ったから、そのように憤ったり心苦しく思ったりするのである。少なくとも私は思う。

 上司から、「明後日までって言ってたあの仕事、今日中にできるかい?」と言われたら、どうだろう。
 渋々「はい、わかりました」と答えながら、心の中では「(いきなりかよ、明後日っつってたじゃん、ふざけんな)」と思うだろう。私は思う。

 だけど、「明日から2週間家に泊めてくれないか」と言ってきた友人も、「明後日までって言ってたあの仕事、今日中にできるかい?」と言ってきた上司も、「イエス」の答えを期待していたのではなく、ただ単に訊いてきただけだったらどうだろう。「まー無理だと思うけど一応訊いてみよう。駄目だったらいいや」と。

 そう考えれば、別に我々は彼らの要求に憤る必要もなく、断ることに心苦しく思ったりする必要はどこにもない。
 ただ「無理だ」とだけ答えればいいのである。相手からも「そっかーわかったー」と返ってきて、後腐れなく会話は終了。
 一件落着。

 

断っても悪いことは何も起こらない

 従って、相手からの依頼や要求を潔く断る際に重要な考え方は、「相手はただ訊いてきているだけ」と考えることである。
 必ずしも「イエス」と答える必要なんてない。
 それは我々が勝手に心の中でプレッシャーに感じているだけの話なのである。

 日本人が「探ってみるタイプ」であるからといって、全員が全員そうであるわけではない。
 私の友人にも、思い付いたありとあらゆることを提案してくる者がいるが、それを断ったからといって何ということはないのである。

 私は典型的な「探ってみるタイプ」であるので、最初の頃は「イエス」が期待されているものと勘違いして、多少無理をしてでも彼の提案にできる限り乗っていたのだが、ある時、「あいつはただ言っているだけ、訊いてみているだけなんだな」と気付き、無理なことは無理と答えるようにした。
 結果、別に何も起こらなかった。
 仲が悪くなったわけでもなく、彼からの何らかの提案の数が減ったでもない。
 むしろ私は無理に提案を引き受けなくて良くなった。

 従って、「断ったら相手にどう思われるか」などと考えなくてもいいのである。
 断ったらどうなるか。
 十中八九、あなたに不利になるようなことは何も起こらない。

 やりたくない仕事を意地でもやらない方法。戦略的無能力とは?
 仕事が多すぎる・終わらない人に送る、仕事を減らすためのたった一つの解決策

 やりたくないことはやらないほうが、精神衛生上も健やかなのである。

 

まとめ:誰でもできる!やりたくない仕事や提案の断り方

 ・相手はただ訊いてきているだけだから、必ずしも「イエス」と答えなくてもいい、と考える。

 ・断っても何も悪いことは起こらない。むしろ、仕事が増えなくてラッキー。

 ・断る際には、「ノー」という意思表示だけして、あとは口を閉ざすのが最も効果的。