【実証済】10年間乗ったクルマも売れる!カーネクストに自動車を売るときの5つのポイント

この記事が気に入ったらシェアしよう!

 

 私が自動車を処分しようと決めた時、そのクルマは10年間乗ったものでした。エンジン系統の不具合はありませんでしたが、何のメンテナンスもしていなかったので外見はボロボロ。10年前のクルマに価値はあるのか。

 周辺の自動車買取業者に電話をかけて聞いてみると「買取はできない。手数料20,000円で処分することならできる」という返答でした。つまり、こちらが20,000円を支払って業者に処分してもらうということです。10年前のクルマには価値がないどころか、価値がマイナスなのだった。

 しかし、諦めるのはまだ早い。

 ネットで見かけた廃車専門の買取業者「カーネクスト」に駄目元で見積もりをお願いしたところ、4,000円で買い取ってくれるとの返答が来たのでした。これはもちろん、手数料4,000円ではありません。買取金額が4,000円です。

 まだ乗れるクルマの価値が4,000円というのが高いのか安いのか一瞬だけ複雑な気持ちにはなりました。ですが、私はクルマを手放したいのであり、手数料を請求することもなく買取金額を付けてくれるのはここカーネクストだけだろうと思って、買取をお願いしたのでした。クルマの引取後、銀行口座に4,000円が振り込まれました。手数料は一切かかりませんでした。

 以下、私の経験を元にカーネクストで自動車を売却する際の5つのポイントを紹介していきましょう。

 

1. カーネクストは廃車専門業者である

 私は10年乗った殆ど値段の付かないようなクルマをカーネクストで買い取ってもらいました。「どんなクルマでも高価買取」と喧伝している通り、街の中古車屋で買取金額が付かなかったクルマに4,000円の値段を付けてもらえたのです。

 恐らく買い取った自動車を分解して、部品を取り出したりするのでしょう。引き渡し時にはクルマにワイヤーを通してクレーンで吊り上げてトラックの荷台に乗せて持って行きました。ワイヤーが車体に食い込み、ミシミシと音を立てていました。結構手荒です。

 従いまして、比較的新しいもので中古車として値打ちのありそうな自動車については、他の業者に査定をしてもらったほうが高い値段が付く可能性があります(推測ですが)。あくまでもカーネクストは「廃車専門」の業者です。

 私のように何十年も乗ったクルマであるとか、事故車である、自走できないクルマであるなど、値段が付きそうにない場合にはカーネクストにお小遣い程度の査定額をもらうことができるでしょう。現に私もボロボロのクルマで4,000円のお小遣いを手に入れることができました。

 

2. 査定は無料!気軽に査定してもらおう

 カーネクストでは買取査定は無料です。つまり、気軽にどれくらいの金額になるか算出してもらうことができるというわけです。査定金額はすぐに提示してもらえました。カーネクストでは査定金額回答5分以内を謳っていますが、本当に5分以内でした。

 その後、他の幾つかの買取業者に査定金額を出してもらいましたが、結局カーネクストの4,000円が最高値であったので正式に申し込みをしたのでした。

 
カーネクスト公式サイトはこちら:
どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト

 

3. 引き渡し日時の変更は可能

 買取査定は完全に無料ですが、その査定金額で了承して正式に廃車申し込みをしてしまうとキャンセルには別途手数料がかかってしまいますので注意しましょう。

 ただ、クルマの引き渡し日時の変更については前日までに申請すれば無料で行えますから、急用ができてもひとまずは安心です。

 

4. 車内の忘れ物は要確認

 実際の引き渡しですが、カーネクストに依頼された下請け業者がクルマを引き受けにやってきます。彼らの仕事は指示されたクルマを引き上げていくこと。ただ来て、クルマを運んでいくだけ。

 従いまして、私の場合の話ですが、車内の忘れ物のチェックなどを丁重にしてくれることはありませんでした。私は引き渡し日時までにクルマの中の片付けや忘れ物のチェックを済ませていたので特に問題はなかったのですが、ズボラな人は注意が必要です。引き渡しの日までにきちんと車内を片付け、忘れ物がないかチェックしておくようにしましょう。

 特に、ETCカードは忘れがちですから、忘れずに抜き取っておくようにしましょう。

5. 自動車保険の解約、ノンフリート等級の引き継ぎ、JAFの解約をすべし

 無事にクルマを引き渡しが完了し、何も問題がなければ指定の口座に買取金額が入金されます。一週間以内と極めて迅速だったのを覚えています。

 廃車手続き等は全てカーネクスト側でやってくれるので、何も面倒なことはありません。

 ただしクルマを手放すにあたって「自動車保険の解約」や「JAFの解約」など個人で契約していたものに関しては自分で解約手続きをすることとなりますので、忘れずに行うようにしましょう。

 特に自動車保険の解約については「中断証明書」を発行してもらうことによってノンフリート等級が10年間維持されることとなります。すなわち、今後またクルマが必要になった場合、解約時のノンフリート等級を継続して契約をすることができるのです。どの保険会社と契約しても「中断証明書」さえあれば良いので、是非とも発行してもらうようにしましょう。

 

おわりに

 カーネクストでは「査定」「レッカー車の手配」「廃車手続き書類の代行」など、廃車を費用一切不要の無料で代行しています。つまり、こちらは何も負担することなく、買取金額が4,000円と査定されたのであれば、そのまま4,000円が振り込まれ自分のものになるということです。

 それに加え、自宅に居ながらにしてクルマの引き取りを初めとする全ての作業が完了するので、全く面倒なことはありませんでした。「クルマに値段が付かなくて困っている」「こんなクルマ売れるだろうか」と不安であるという人にこそ見積もりだけでも出してみてもらいたいと思います。

 

 

 
カーネクスト公式サイトはこちら:
どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト

 
自動車保険を劇的に安くしたい方にはこちらの記事も読まれています:
【節約】年間保険料15,000円!SBI損保のダイレクト型自動車保険が常識破りで凄すぎる