第二のXPを探せ!CoinExchangeで仕込んだ草コイン9選

 2017年12月に見せたXPコインの大暴騰は、2018年に入って落ち着いてしまいXP所有者にとっては退屈に思えてきてしまったかもしれません。「つまらないな、急落したら嫌だし、そろそろ売ってしまおうかな」と頭をよぎることも多いでしょう。

 あるいは、モナコインフィーバーにもXPの大躍進に乗り切れなかった人は次こそはとチャンスを虎視眈々と狙っているかもしれません。

 私は前者です。XPの将来性には凄く期待しているけれど、この先どうなるかは誰にもわからないのが実情です。

「卵は一つのカゴに盛るな」という投資の原則があります。というわけで、値段が跳ね上がったXPをほんの一部利確して「第二のXP」と期待した仮想通貨に分散投資してみました。下記に挙げる銘柄は全てCoinExchangeで取引できるものです。

 

1. Sprouts(SPRTS)

 第二のXPコインとして最も有力視されているのがSprouts(SPRTS)です。2017年秋、それまで停滞していた開発チームが新たになり「Sprouts+」として着々と運営が進んでいるようです。理念は慈善事業を掲げています。

 日本国内でもSPRTSを盛り上げようとコミュニティが発足していることからも大きな期待が伺えます。PoSマイニングも可能であることも強みです。

 

2. StrongHands(SHND)

 StrongHands(SHND)は俗に「筋肉コイン」とも呼ばれています。ネタコインの一種でしょうか。

 但し、筋肉をモチーフにするというそのインパクトからファンは多く、もしかしたら大化けする可能性があります。その知名度と比較して時価総額順位が今のところやたら低いのも強みです。

 投資に重要なのは買ったら決して売らない「握力」だ。市場価値が下落しても決して狼狽してはいけない。君の握力が試されている。握力に不安があるならStrongHands(SHND)に投資してみてはどうでしょう。ネタとしてもおもしろいと思います。暴騰したら儲けものです。

 

3. Dimecoin(DIME)

 Dimecoin(DIME)も開発が止まっていたものの、最近になって再び動き出したプロジェクトの一つです。CoinExchangeの中でもかなり取引量の多い方。草コインを選ぶ際の鉄壁の条件は「取引量の多いコイン」を選ぶことだ。

 上述のSproutsと同じくらい第二のXPとして期待されて言及されるコインです。公式では1DIME=10円を目指すと言っています。実現するかしないかは置いておいて、夢がある。

 

4. Condensate(RAIN)

 Condensate(RAIN)は乱高下の激しい草コインの中でも比較的価格が安定していることが特徴です。根強いファンが支えていることの証左です。

 RAINはPoSマイニングを始めてみようと思っている人に最初におすすめできるコインでもあります。PoS界隈ではとても有名なコインなので多くのブログでやり方が詳述されており、迷うことなくマイニングに着手することができます。

 開発チームがきちんと動いていることも信頼できます。

 

5. Mooncoin(MOON)

 Mooncoin(Moon)はマイクロペイメントとしての実用化を目指すコインです。なぜか根強いファン多いコインでもあり、堅実な値動きをしています。ホワイトペーパーもしっかりしているように思え、今後大化けする可能性が大いにあります。

 仮想通貨界隈では億万長者になるくらいコインが暴騰することを「月に行く=MOONする」と表現することがあります。そういう意味でもMooncoin(MOON)は僕達の夢を乗せている。

 

6. Crimsoncoin(CRMSN)

 全く情報がないコインですが、なぜか取引量が多かったので買ってみました。たまたまその時だけ取引量が多かっただけかもしれません。恐らくイギリスのプログレッシブロックバンドKing Crimsonをモチーフにしたコインであると思われます。

 何もかもが謎だらけのコインで、解説しようがありません。今のところ、価格は下がっています…。

 

7. Japancoin(JAPAN)

 Japancoin(JAPAN)と仰々しい名前が付いていますが、開発者が日本人であるわけでもなく、日本国内での運用を目指しているわけでもありません。もちろん、日本政府が開発に関わっているわけでもありません。海外の熱心な日本ファンが作ったコインであるようです。

 Japancoin(JAPAN)は特にPoSマイニングにおいて注目されているコインですので、これからPoSマイニングを始めようとしている人には有力な選択肢の一つとなるでしょう。開発も意外と熱心であるようです。

 2018年1月13日、なぜかJapancoin(JAPAN)が400%もの大暴騰をしていました。理由はよくわかりません。意味なき暴騰。こういうのも草コインの楽しみの一つです。

 

8. Buzzcoin(BUZZ)

 Buzzcoin(BUZZ)はPoSマイニング界隈において非常に有名なコインです。その理由は年利1200%(!!!)という驚異的な高利率にあります。1年間寝かせておくだけで1,000Buzzが1,200,000Buzzになる計算です。本当です。

 但し、そんな勢いでお金が増えていくのであればインフレの懸念があるでしょう。今のところ、Buzzcoin(BUZZ)においてインフレによる価値低下は認められませんが、この先どうなるかは誰にもわかりません。

 Buzzcoin(BUZZ)の未来に賭けてみるかい? 価値が低下しないと仮定すれば1,000円が1年間で1,000,000円になるんだぜ。ともかく、おもしろそうなコインであることには違いありません。はい、私もBUZZでPoSマイニングをやってみています。

 

9. HyperStake(HYP)

 こちらのHyperStake(HYP)もPoSマイニングで有名なコインで年利750%を謳っています。とは言え、なかなか堅実な運営をしている印象があります。

 HyperStake(HYP)2018年に入っていきなり暴騰してしまいましたが、まだまだ伸びしろはあるような気がしています。もしも買うなら価格が落ち着いた頃がいいと思います。

 
関連記事:
究極の不労所得。PoSマイニングのために買ったおすすめコイン5種類を紹介

 

第二のXPコインを買うために、まずは国内取引所に口座を開きましょう

 草コイン自体は海外の取引所(CoinExchange)で購入することとなりますが、そのCoinExchangeにビットコイン(ライトコインでも可。むしろ、ビットコインは手数料が高騰している)を送金するために国内の取引所に口座を開設しなければ始まりません。まだの人はこれを期に口座を作ってしまいましょう。

 私がおすすめする国内取引所は下記です。

bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 bitFlyerは日本発の世界最大の仮想通貨取引所です。金融庁の仮想通貨交換業者に認定されているため、安心して取引ができます。

 取扱通貨は下記に挙げるcoincheckと比べると少ないですが、ビットコイン、イーサリアムなどの主要な通貨は抑えており、何よりモナコインを取り扱っているのは魅力的です。2017年のモナコインバブルはbitFlyerへの上場が発端になっています。

 私はPoSマイニング用の草コインを買うためにbitFlyerでビットコインを購入し、海外のCoinExchangeへと送金しました。

 
公式サイトを見てみる:bitFlyer:ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

CoinExchengeにアカウントを作りましょう

 草コインはCoinExchangeにて購入しました。海外の取引所であり、取り扱い通貨が驚異的に多いものの、当然ながら全て英語なので少々厄介です。厄介なことは早く済ませてしまうに限る。アカウントだけでもこの機会に作成してしまいましょう。1分で終わります。

 
公式サイトを見てみる:CoinExchange:XPコインを購入できる取引所

 
関連記事:

究極の不労所得。PoSマイニングのために買ったおすすめコイン5種類を紹介

超入門!2018年仮想通貨投資が今からでも遅くない3つの理由

仮想通貨XPコインが急落・暴落した際にすべきたった一つの対処法

コメント