XPコインを2週間PoSマイニングしてみた報酬額とわかったこと・注意点

仮想通貨においてPoS(Ploof of Stake)アルゴリズムを採用しているコインはウォレットに保存しておき、暗号化の上で鍵を開けておくだけでコインが増えます。これをステーキング(Staking)やミンティング(Minting, 鋳造)と言います。

現状、日本で最も有名で実践者も多いと思われるPoSコインはXP(eXperience Point)でしょう。はい、私も例に漏れずXPでのミンティングをやってみたのでその実績と注意点を紹介していきましょう。

 
※正確にはPoSコインを増やす方法は「ミンティング」と言われるようですが、本稿においては一般的に使われる「マイニング」と表記します。

※マイニングのためのウォレット作成方法については本稿では取り扱わないので、私が参考にした「XPのマイニングのやり方(方法)を紹介。仮想通貨をウォレットに入れて起動するだけで報酬をもらおう!|Business Infinity」を参考にしてみてください。

 

早速、気になる報酬額は?

私は1,500万XPでマイニングを始めました。まだ価格が安い時に買っていたものです。以下、結果を時系列順に並べていきましょう。

 
■2018年1月22日
1,500万XPでマイニング開始。

■2018年1月27日(5日後)
初報酬68,000XP

■2018年2月4日(8日後)
二度目の報酬130,000XP

 
上記をまとめると現時点での実績はこのようになります。

■14日間の実績
・報酬 計198,000XP
・報酬日本円換算(1XP=0.06円として) 11,880円
・利率 1.32%

 

XPのマイニングをしてみての感想

・PoSコインの中でも熟成期間は短い方だと思う(計4日間で熟成完了)。つまり、報酬を早く貰えるチャンスが来る。

・利率は思ったよりも低めだった。

・XPは一時1XP=1円に到達する勢いだったが、1XP=1円で換算すると2週間で198,000円(!)の報酬額ということになる。そもそもの保有XPが多いとは言え、いくらなんでもこれは異常。不労所得すぎる。そう考えると、現在(2018年2月5日)の1XP=0.06円くらいが妥当であるかもしれない。もちろん、上がるに越したことはないけれど。

 

実際にPoSマイニングをしてみてわかったことや注意点

熟成に関して

・熟成期間は固定で4日間(96時間)。最初の24時間で青→緑、次の72時間で緑→赤となり熟成完了。あとは待つだけ。

・熟成期間に関してはコインの枚数に影響されない。1XPでも1億XPでも熟成完了は4日間。

保有XP数に関して

・保有数に比例して報酬期間、報酬額が増える。報酬を得るための最低保有数は設定されていないけれど、数十万XPでもPoSにチャレンジして報酬を得ている人もいる。

・1,000万XP以上でマイニングすると効率が良いと言われるけれど、それ以下の枚数でも極端に報酬が下がるということはないように思う。例えば、500万XPであればただ単に1,000XPの半分程度の発掘効率になると考えられる(推測)。

・極論、1XPでもPoSマイニングは可能(熟成はされる)だけれど、確率的に報酬は永久に来ないと思った方がいい。そのような保有XPが少ない人はSimple PoS Poolでプールマイニング(皆で力を合わせてマイニングする)で運用するのが現実的。

マイニングの流れ

・青→緑→赤と熟成度が上がっていく。赤になると報酬を得られる権利が発生する。報酬獲得後には再び青に戻り、以降→緑→赤→報酬獲得の繰り返し。

・報酬が得られると自動的に分割されるPoSコインもあるけれど、XPコインは分割されずに報酬が発生したトランザクションに報酬額が上乗せされる

・(追記)3回目の報酬を獲得した時点で2つに分割されました。保有XP枚数によって分割されるのか、CoinDayが上限に達すると分割されるのかは検証中です。

・一度目の報酬発生後にはCoinDayの数値は継続されたが、二度目の報酬発生後には0からのスタートとなった。CoinDayには上限があるのかもしれない。要検証。
(追記:CoinDayがリセットされる現象はウォレットの表示の問題だったらしく、放置しておいたら発掘前の数値が継続されました)

ウォレットに関して

・ウォレットの「XP Boost」タブにある「Display minting probability within」において「24hours」「7days」などが選べるが、これは期間の設定ではなく、どのくらいの報酬を得ることができるかを示す基準であると考えられる。だから、どれを選んでおいても実際に得られる報酬額に違いはない。

・例えば「24hour」は「今から24時間以内に得られる報酬」の意で、その予測が下の各項目に記されている。「MintProbability」が「50%」で、「MintingReward」が「from 1,000XP to 1,500XP」となっていたら「今から24時間以内に1,000XPから1,500XPまでの報酬が得られる確率が50%」という意味(だと思う)。

・マイニングが正常に作動しているかどうかはツルハシに色が付いているかどうかでわかる。カーソルを合わせてみて「Stake miner is active」と表示されればOK。

トラブルシューティング

・ウォレットの右下に示されている鍵が空いていないと熟成及びマイニングは進行しない。ウォレットを閉じたり、windowsの自動更新等によってコンピュータが再起動されると鍵は閉じた状態になってしまう。度々確認することが推奨される(私もたまたま見てみたらなぜか鍵が閉じていたことがあった)。

・報酬発生後に「XP Boost」タブからステーク中のトランザクションが消えることがあったが、表示上の問題であると推測される。GOXではない。ウォレットを再起動することできちんと表示されるようになる。また、表示が消えている間にもバックグラウンドできちんと熟成が進行しているようで、ひとまずは安心である。

 
PoSマイニングのためのウォレット設定はそんなに難しいことはないので、まとまった量のXPを保有している人はどんどんPoSマイニングにチャレンジしてみて欲しいと思います。

 
XPウォレットのダウンロードは下記公式サイトから行えます
https://www.xpcoin.io/

 
関連記事:

仮想通貨XPコインの将来性を知る上で覚えておくべき11のポイント

第二のXPコインを探せ!CoinExchangeで仕込んだ草コイン9選

究極の不労所得。PoSマイニングのために買ったおすすめコイン5種類を紹介

 

仮想通貨取引を始めるために、まずは国内取引所に口座を開きましょう

 取引所に口座を開設することによって仮想通貨投資を始めることができます。私がおすすめする国内取引所は下記です。

■bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 bitFlyerは日本発の世界最大の仮想通貨取引所です。金融庁の仮想通貨交換業者に認定されているため、安心して取引ができます。

 取扱通貨はcoincheckと比べると少ないですが、ビットコイン、イーサリアムなどの主要な通貨は抑えています。2017年のモナコインバブルはbitFlyerへの上場が発端になっていることからもわかる通り、仮想通貨取引において影響力が極めて大きい取引所です。

 
公式サイトを見てみる:bitFlyer:ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

私はXPコインを海外取引所CoinExchangeで購入しました。とても使いやすくて気に入っている取引所のうちの一つです。XPコインやその他の草コイン・海苔コインへの投資を検討しているなら、この際にCoinExchangeへの登録だけでも済ませてしまいましょう。面倒なことは早く済ませてしまうに限る。1分で終わります。

公式サイトを見てみる:CoinExchange:XPコインを購入できる取引所

コメント