StrongHands(SHND、筋肉コイン)のPoSマイニング報酬が来ました!気になる年利と将来性は?

2017年末から2018年初頭にかけての草コインブームの中で異端のネタコインとして注目を集めたStrongHands(SHND、俗に「筋肉コイン」)のPoS報酬がようやく来ましたので報告します。果たして「握力が強い者が救われる」のは本当だったのか。下記で確認してもらいたいと思います。少し紆余曲折ありました。

PoSマイニングは正確には「ミンティング」や「ステーキング」と呼ばれますが、本稿においては一般的な「マイニング」と表記します。

 

初報酬までのタイムラインと基本情報

元手枚数

100,000,000SHND(1億!)

タイムライン

■2018年1月26日
PoSマイニング開始

■2018年2月初旬頃
StrongHandsハードフォークに伴い、新ウォレットに移行

■2018年3月中旬頃
StrongHandsウォレットがwindowsセキュリティによりウイルス認定。再インストールしてPoS再開

■2018年3月26日
初報酬 500万SHND

運用実績

・報酬 500万SHND
・利率(2ヶ月間) 5%
・年利換算 33%

 

StrongHandsをPoSマイニングしてみてわかったこと・感想

初報酬までが長く、ハードフォークにより報酬減

・StrongHandsの最大の特徴はPoSを始めてから実際に報酬をもらえるまで、首をかなり長ーくして待たなければならないことです。1億枚とは言え、発行枚数がやたらと多いために実際には数万円程度の価値しかありません。報酬頻度を高めるためには100億枚くらい所有しなければならないのかもしれません。

・利率は年利換算で33%で、個人的には思ったよりも少ないという印象です。少しがっかりしてしまいました(ハードフォーク以前はもっとがっつり報酬が貰えたそうです)。但し、市場を混乱させないための現実的なPoS報酬は年利8%程度とも言われるので、それに比べれば多いとも言えます。

新ウォレットとウイルス検知(?)

・2018年2月上旬にStrongHandsはハードフォークが行われ、ウォレットもアップデートされています。旧ウォレットを使っている人は新ウォレットをダウンロードして移行する必要があります。新ウォレットにコインを移すことでフォークコインが貰えるとの話でしたが、私のやり方が間違えていたのか、現時点(2018年3月30日)でまだ貰えていません。

・2018年3月中旬頃、私のPCではStrongHandsウォレットがwindowsのセキュリティシステムにウイルス認定されてしまいました。5種類くらいのコインをPoSマイニングしていますが、ウォレットがウイルス認定されたのはStrongHandsだけです。

StrongHandsに将来性はあるか?

・StrongHandsに将来性があるのかどうかはよくわかりません。誰が開発しているのかもわからないし、どのような見通しで開発を進めるつもりなのかも、現時点では一切不明です。特にPoSコインは実用性を持たせない限り価値はないという見解もあります。未来のことは誰にもわかりませんが、今のところStrongHandsは単なるネタコインに過ぎないというところでしょう。

・ただ、公式サイトのロードマップを見てみると、StrongHandsは既に何人かのスポーツ選手のスポンサーになっていると報告されています。もしかしたら、明確な将来の展望をもって本気で開発をしているのかもしれません。

・ちなみに同じPoSコインでも例えばCondensate(RAIN)は報酬頻度も高く、報酬額も多いのでマイニングしている感があって楽しいです。ただこちらも利率が高すぎて(年利180%!)インフレ等の可能性があることや、開発が進んでいるのかどうかさっぱりわからないという懸念があります。2018年はPoSコインの存在意義が問われる年になりそうです。

 
StrongHands公式:
https://www.stronghands.info/

 
関連記事:

XPコインを2週間PoSマイニングしてみた報酬額とわかったこと・注意点

Condensate(RAIN)を2週間PoSマイニングしてみた結果、報酬額やわかったこと

究極の不労所得。PoSマイニングのために買ったおすすめコイン5種類を紹介

 

仮想通貨取引を始めるために、まずは国内取引所に口座を開きましょう

 取引所に口座を開設することによって仮想通貨投資を始めることができます。私がおすすめする国内取引所は下記です。

■bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 bitFlyerは日本発の世界最大の仮想通貨取引所です。金融庁の仮想通貨交換業者に認定されているため、安心して取引ができます。

 取扱通貨はcoincheckと比べると少ないですが、ビットコイン、イーサリアムなどの主要な通貨は抑えています。2017年のモナコインバブルはbitFlyerへの上場が発端になっていることからもわかる通り、仮想通貨取引において影響力が極めて大きい取引所です。

 
公式サイトを見てみる:bitFlyer:ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

私はStrongHands(SHND)を海外取引所CoinExchangeで購入しました。とても使いやすくて気に入っている取引所のうちの一つです。StrongHands(SHND)やその他の草コイン・海苔コインへの投資を検討しているなら、この際にCoinExchangeへの登録だけでも済ませてしまいましょう。面倒なことは早く済ませてしまうに限る。1分で終わります。

公式サイトを見てみる:CoinExchange:StrongHands(SHND)を購入できる取引所

コメント